エコノミークラス症候群の原因にもなることがある下肢静脈瘤の起こる原因

下肢静脈瘤とは足の血管に関する病気です。本来ならば足の静脈というのは逆流しない仕組みになっているのですが、これがなんらかの要因により足の静脈の弁が壊れ正常に機能しなくなることにより、血流が逆流することにより発症します。ふくらはぎの静脈が拡張し、足の血管がこぶのように膨らむ、足がつる、むくむ、疲れやすい、皮膚が変色する、かゆいなどの症状や皮膚に潰瘍を作ったりする病気です。本来、人の体では血液は足の先端まで動脈で運ばれ、静脈を通って心臓まで戻ってきます。このとき静脈は重力に逆らって血液を上の方へ運んでいかなければならないため、静脈の中には逆流防止弁と呼ばれる、下の方に血液が逆流しないようにするための弁がたくさんついています。立った姿勢の時には、下方向から流れてくる血液は弁を押し広げて上へ上へとスムーズに通過します。一方で下方向に流れるときには弁は閉まり血液が逆流しない構造になっています。そのためこの弁が壊れてしまうと血液が逆流してしまい、ふくらはぎの静脈が拡張してしまい下肢静脈瘤となってしまいます。一度壊れてしまった弁は自然には二度と戻ることがないため、下肢静脈瘤は放置していても治る病気ではありません。また、そのまま放置しておくと症状が進行し色素沈着や潰瘍に至るケースや静脈瘤に血液がたまりやすくなり血栓と呼ばれる血の塊ができることがあります。そのため、肺寒栓症をおこし呼吸困難や心肺停止してしまうエコノミークラス症候群の原因になることがあるとも言われています。

下肢静脈瘤は一般的に男性よりも女性の方が多くなるといわれており、特に妊娠・出産を契機に発症することが多いと言われています。また、年齢を重ねると共に、両親・兄弟・姉妹など家族に発症経験がある人は発症しやすい傾向にあります。職業では美容師や調理師、接客を主にするお店の店員さんなど、日常的に長時間立ち仕事に従事している人の方が発症しやすく、症状も進行しやすいと言われています。ふくらはぎは第二の心臓とも言われるように、下肢の筋肉は静脈血を心臓まで運ぶ重要な存在です。しかし、長時間直立した姿勢をとり続けていると足が緊張してしまい、筋肉の収縮に伴って静脈血を押し上げる筋ポンプ作用が十分に働かなくなってしまいます。その結果、血管内の圧力が高まって弁に異常な負担をかける原因となります。そのため長時間の立ち仕事は下肢にとってはよくはありません。

静脈弁自体は非常に脆く破損することも珍しくはありませんが、健康的な生活を送っている人の場合はまず静脈弁が壊れることはないので必要以上に心配する必要はありません。