矯正歯科治療をしましょう

最近の子供はあごが小さくて狭い子が多いので、歯並びが悪い子供がとても増えています。歯並びが悪いと見た目が悪いだけではなく、噛み合わせが悪くなって体のバランスが悪くなったり、虫歯になりやすかったりするなどのデメリットがあります。子供のうちは気にしないかもしれませんが、特に女の子なら思春期になると歯並びの悪さにコンプレックスを感じる子も出てくるでしょう。子供の矯正歯科治療は8歳頃に始めるのが一番いいと言われています。子供の歯から大人の歯に生え変わる時期が矯正歯科治療の一番いい時期です。この時期に治療を開始すると治療の期間も短くて済む確率が高くなります。それに伴って費用も安く済むことが多いです。親にとってもメリットが大きいので、8歳になれば一度歯科に行くほうがいいでしょう。いい治療法を教えてくれます。

矯正歯科治療をする流れ

矯正歯科治療の流れは、まず検査とカウンセリングを受けます。そこで、自分がどのような歯の形をしているか、どのような治療が合っているかを歯科医と相談します。治療計画は、長い場合何年もかかる長期的なものとなるため、自分のライフスタイルなどに合わせてスタッフと考えましょう。治療開始前は、口腔ケア指導が行われることが多いです。自分の歯磨きの問題点や、アドバイスを聞いておきましょう。その後、いよいよ装置をつけ通院ですが、治療はおよそ3?6週間に一度となることが多いです。器具をつけ、少しずつ慣らしていきます。その時に、あまりに痛みが強かったり、不都合が出てきた場合は歯科医に相談しましょう。装置を外した後は、保定装置でしばらく固定し、徐々に外していくことになります。通院の感覚もだんだんあいていきますが、ズレや痛みが生じる場合ははやめに相談しましょう。

日常生活に問題があるなら矯正歯科治療を利用する

生きていくためには栄養分を摂取する必要があります。栄養分を摂取する方法としては食べ物を食べる、飲む、その他点滴などを利用することです。日常的には食べる飲むが中心になります。食べるときには食べ物を噛み切ったり砕いたりする歯が必要になります。歯はあるけどもうまく噛み切れない、砕くことができない場合があります。これはかみ合わせなどが悪いためです。普通に上下の歯を合わせるとぴったりつくはずですが、かみ合わせが悪い状態だとうまく合わないところが出てきます。隙間なども発生します。その時に利用するとよいのが矯正歯科治療です。日常的に食事ができる、特に支障が出ていないなら行う必要はありません。でも食事ができない状態まで悪いならした方が良いでしょう。食事は栄養を取るだけでなく楽しむための行為です。食事が楽しめるようになるためにも必要になります。

他院の表側矯正の価格は30万円からすが、当院の表側全体矯正は15万円からで、白いブラケットは無料です! 矯正治療の初回カウンセリングは無料で、事前に治療方針、費用、期間について、患者様のお悩みも併せて明確化します。 歯科治療はただ安ければ良いというものではありません。当クリニックは高い質の治療と安心できる治療価格双方を強みとしています。 矯正は、1ヶ月にい1回の通院が必要となります。 矯正歯科治療を始めるならオーラルデザイナー新宿へ