下肢静脈瘤の症状と病院での受診の際の科・検査・治療法について

下肢静脈瘤には次のような症状があげられます。
足の不快感・・・足がだるい、痛い疲れやすい、足がむくむ、睡眠時に足がつる
見た目の違和感・・・血管が浮き出てこぶのようだ、血管の色が赤や紫色に目立つ
などです。

下肢静脈瘤は長時間の立ち仕事をする女性に多いと言われています。また、加齢により静脈瘤の頻度が増加するともいわれています。家族に静脈瘤にあるかたへの遺伝も起因とされています。
日常生活のなかで少しでもそのつらさを改善するためには次のような方法があります。
日中長時間の立ち仕事をする人におすすめなのは、1時間に5分から10分、心臓より足を高くして休憩を取ることです。無理な場合は、足踏みや歩き回ることも効果的です。血液の流れがよくなります。また、椅子に長時間座っていなければならない場合は、座ったままで足首を動かすようにしましょう。正座は下肢の血流を悪くするので好ましくありません。
窮屈な下着は避けましょう。ガードルなどで体を締め付けると、下半身の血流が悪くなり、静脈瘤を悪化させます。
夜寝る際は、クッションなどで足を高くして寝るとよいでしょう。
また、ささいな掻き傷や虫刺されなどは下肢潰瘍や色素沈着の原因になるので、静脈瘤のある足は清潔にたもちましょう。

静脈瘤は治すことのできる病気です。が、そのまま放っておいても治りません。悪化すると色素沈着や潰瘍ができることもあります。治療経験の豊富な医師を訪ね、痛みや苦痛から解放されたいものです。
では、病院を訪問する際、どの科で受診すればいいのでしょう。血管外科や皮膚科を受診してみましょう。
検査の方法には、超音波をあてて血液の流れを診る超音波検査。造影剤を足の甲から注入しレントゲンで
下肢の静脈をより正確にみるレントゲン検査があります。
検査の後の治療法にはつぎのようなものがあります。医療用の弾性ストッキングを使用する。これは足を適度に圧迫し血液が溜まるのを予防し、静脈への血液の流れをたすける効果があります。
下肢静脈瘤の根治的な治療法としては、ストリッピング手術が挙げられます。
弁不全を起こしている静脈を引き抜いてしまう方法です。足の付け根やひざなど皮膚を切開し静脈を引き抜きます。再発率も低く、安定した治療法です。
静脈瘤を完全に治す薬や改善する薬はありませんので、このような治療法が用いられます。

痛みや苦痛は病院を受診し、医師とよく相談してあなたの静脈瘤の治療法を決定しましょう。